お年賀の選び方
お年賀の選び方
未分類 | 01月08日更新

お年賀の選び方、ここがポイント

年があらたまり、新年のごあいさつにうかがうときは、お正月の華やぎやおめでたい雰囲気が伝わるお年賀の選び方を心がけたいものです。たとえば仕事関係の上司のお宅や、ご年配のかたがお住まいのお宅には、お正月限定で作られた老舗の和菓子の詰め合わせなどは特別な感じが増しますし、また、ちいさなお子様がいらっしゃるお宅には、上質感漂うバウムクーヘンやカステラなどの洋菓子系も喜ばれるでしょう。特にバウムクーヘンは上

続きを読む

未分類 | 01月08日更新

お年賀の選び方について考える

新年に行う「年始回り」の際には、目下の方から目上の方にお年賀の品物を持参します。
お年賀の選び方で「これを贈らなければならない」という決まりはないため、先方さんの好みの物をセレクトすれば良いですが、必ず相手の都合を聞いてから伺うなどマナーを大切にしなければなりません。家族がゆったり過ごしている元日の訪問は極力避けたいものですが、止むをない場合は元旦を避けて1月1日の午後から伺うようにするとスムーズ"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

失敗しないためのお年賀の選び方

お年賀の選び方として、相手の好みなどに合わせることが一番ですが、お茶やコーヒーなどの飲み物やお菓子、果物、お正月に帰省した土地の名物などが一般的です。他にも、タオルや洗剤などの消耗品が主流となっており、価格は千円から二千円、高価なばあいでも五千円前後までが多いとされています。
ビジネスとしてのお年賀の選び方では、うかがう部署の人数 冷蔵庫の有無を事前に確認しておく必要があります。冷蔵庫がない場合に"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

お年賀の選び方やお年玉について

年の初めに親せきや仲人、職場の上司、習い事の先生などの日ごろお世話になっている人の家を訪ねて挨拶をすることを年始回り、といいます。
年始回りの際に持参する手土産のことをお年賀といいます。
お年賀の選び方には特に決まったしきたりやマナーはないので、基本的には何を贈ってもいいのですが、金額の目安としては1000円から3000円ぐらいで、菓子類や果物などの食品やタオルなどの日用品を選んでおくのが無難でし"

" 続きを読む

未分類 | 01月08日更新

年始の挨拶に、お年賀の選び方について

新年のご挨拶として欠かせないお年賀。基本は年始回りの時に持参していくものです。時期は1月1日から3日迄で遅くても松の内の1月7日迄にはご挨拶にうかがうものと考えられています。目下の者から目上の方へ贈るもので、先方がゆっくり過ごしている元旦などは避ける、事前に訪問の連絡を入れる、突然しかご挨拶に行けない場合は玄関で失礼する、といったようにマナーを守るのは当然のことなのですがお年賀の選び方にも気をつけ

続きを読む

top